元の位置に戻る

DTXMania AL 公式

更新

・19.3.15 - v056 公開
・19.1.31 - v052 公開
・19.1.13 - v044 公開
・18.12.15 - v037 公開
・18.11.15 - v034 公開

DTXMania ALって何


せな純正DTXManiaから勝手に派生して作ったやつ
6レーンも12レーンも3レーンも5レーンも遊べて譜面のレーン数が見れて
他本体との最低限の互換性があって今後もDOS対応してもらえるようなものを作りました
つまり現オリジナル曲DTX環境向けということ
そもそもDTXManiaがわからない人はこっち

v056 ダウンロード

056_190315_1 - バグ修正アップデート+DTXC改造

リリースノート

空打ち音を押し方によって変えるオプション
ギターでは従来、空打ち音は一番近いチップの音声が使われますが
ネックの押し方によって空打ち音が変わるオプションを追加しました
意外とミスした時のミスり方がわかりやすくなるらしい
あと曲によっては遊べるらしい

オプション『GhostHitByPressing』デフォルトオフ
追加情報読み込みの高速化2
遅すぎた追加情報読み込みをひたすら高速化
副作用あったらごめん
ロングノートがフリップした時に押しっぱなし表示になるのを修正
すぐ見つかりそうなものをそのままにする天才
もうしわけ
汎用ムービーがONの時、DTX側の背景画像が表示されないのを修正
背景画像を表示させたりしなかったりするようにしました
DARKでの表示がおかしいのを修正
一切気にしてなかったので対応
選曲画面で背景ムービーが表示されないことがあるのを修正
動画再生に演奏用のタイマが使われているのが原因なんだって
ワイリングのヒットが多重化することがあるのを修正
たまにうるさいときあったよね
ロングノートでリバースとそうでない時の見た目が少し違うのを修正
そうね
演奏中の一時停止でBGMがずれるのを修正?
ついでにAdjustWavesをいじったので環境によってはずれてしまうかもしれない
AdjustWavesをタイマがずれてる時のみ行うように変更済
でも作者はオフだったからテストあんまりしてないんだって
WASAPIからDSoundにすると落ちるのを修正
ALのキャッシュ再生機能が悪さしてたんだって
Config.xmlの文字コードが違うと読み込めないのを修正
文字コードを判断して読むようにした
ただし保存は相変わらずUTF8
検索機能の入力欄でIMEの確定文字が消えるのを修正
エンターを押さずにIME文字を確定した時どこかへ消えてしまうのを修正
これでチャットしやすくなったね
ここまでほとんどバグ修正じゃん
そうだよ
DSoundのWAV読み込みマルチスレッド対応+64bit化
純正コミットより、SoundDecoder.dll廃止に対応
DSoundでのmp3やogg再生に影響する可能性有

これによりDTXManiaAL本体(とDTXC)の64bit化に成功 正確にはAnyCPU化
32bitPCが無いのでそちらのテストはできません

DOS用のIRプラグインも無理言って対応していただきました
ASIO/WASAPI排他の時にもWindowsの音量設定が反映されるように
ASIOにしたら音が大きすぎて椅子から下りたことがある人向け
ASIOとかと音量は分離されていて欲しい人はオプションをオフにしてね

オプション『LinkWindowsVolume』デフォルトオン
[DTXC]一括WAV登録

かつてGDACにあったやつ
今となっては必要ないかもしれない
[DTXC]WAVリスト一括編集

いつかファイル名に対してもバッチ編集できるようにします
[DTXC]表示レーン詳細設定

レーンの順番やレーン自体を表示するかどうかを設定できるように
幅も細かくいじれる かも
不具合あるかも やばくなったら『DTXCreatorSetting.config』を消去だ
[DTXC]バグ修正3つ
・GBチップを隣のレーンにコピーする機能でロングノートレーンにコピーできていなかったのを修正
・ビューア起動時にWAV再生すると通常モードになってしまうのを修正
・二重起動できないのを修正(ログファイル生成が排他処理のため)
[DTX]汎用ムービー名を指定できるようにする
DTXCにも入力欄を追加
DTX上での表示はこれ
#ANYSONGSMOVIENAME: xxx

今回の本体Ver以降でのみ対応のため注意
ALNet
おまけ

前々回の更新から溜めに溜めてた例のxxx機能
バトルというかそんな感じのことができるらしいけど開発途中で頭が爆発して逃避したので中途半端
もっとちゃんとUIとか作ってマシになったら説明文もちゃんと書くので許して下さい
作者はプログラムはいじることしかできない

・簡単な説明
P2P的なスタイルの通信(かつてのLRemみたいな感じ)
Insertキー(初期設定)を押すとチャット欄が出るので
サーバ側になる人は『/s』(ルータにUPnP機能があるならポート開放不要 ないならTCP4747)
クライアント側になる人は『/c [サーバ側PCのIP]』(例:/c 100.200.xxx.xxx)

・そのうち実装したい今できないこと
名前変更 / 同じ楽器じゃないならバトルにしない

今後の予定

今後もバグ修正が主になると思います なので更新ペースは落ちるでしょう
あとはALNetもう少しどうにかしたい

19.3.15

過去バージョンを表示する

v052 ダウンロード

052_190131_2 - 祝GGP冬!ギターロングノートアップデート
来る明日(19.2.1)にギターパッケージ『GGP冬』が公開されるので合わせてリリースしました

リリースノート

ギター ロングノート

ギター側についにロングノートが実装
ネックを押しながらピック!その後ネックを押し続けるとゲージが回復する!だけ

(作者向け)
同梱のDTXCからGtLとBsLレーンが設けられています
ロングノートにしたいチップと同じ高さ(=時刻)にGtLチップを置き、
終端にしたい高さにもうひとつGtLチップを置くと、その時間分のロングノートを配置したことになります
終端は次のギターチップの前までに置いて下さい 置かないとそのロングノートは無効になります
ロングノートDTXの互換:純正r113とverK3.51で再生問題なし(ロングノートは表示されない)
ランダム:ロングノートもランダムがかかる ただしOPENにはならない
(詳しい人向け)
新規チャンネルは2Cと2Dです
ギター ワイリング種類の追加
見た目だけ
過去のDTX作品に影響出るけど見た目だけなので許して下さい
気に入らない人は新オプション『LookWailingChip3Color』をオフだ

(作者向け)
DTXCで言うところの、GtWとBsWレーンに置いた時のチップ番号によって変化します
3の倍数なら青 3の倍数+1なら緑(従来) 3の倍数+2なら赤
チップの横幅が調整できるように

チップの横幅を調整すると連動してレーンの幅も拡縮する
ギターのレーン幅が狭くて見づらかった人に朗報
GBOnlyの時のデフォルト値を上げてあるのでギターをそっちでやるのがおすすめ

オプション『ChipWidthScale』各楽器のDisplayからどうぞ
初期値100、ギターとベースのGBOnlyの初期値は120
ギター 判定方式改善
正確な演奏が難しい時、今までの判定方式だといわゆるBADハマりする可能性が高かった
今回から、押し方に応じたチップにのみ反応するようになったため、
オルタ中にネックの切り替えをミスしてもBADハマりしづらくなった

(余談1)これによりクリア・接続難易度が今までと変わってくるし差は大きいと思う
(余談2)例えば高速な3連RGRに対して、RRGと演奏するいわゆる餡蜜が可能になる(ただし対象となる譜面は少ない)
(余談3)それでもこの判定を導入したのは、元からこうあるべきだと思っていたAL作者の思いが強い(押し付け)
ギター 空打ち音の変更
押し間違いピックした時に別の音がなってしまうことがあるので空打ち音の選定を変更

(内部事情)
1.空打ち音設定があるならそれ
2.Poor範囲内に未ヒットチップ(過去優先)があるならそれ
3.過去優先で一番近いヒット済チップがあるならそれ
4.一番近いチップがあるならそれ
WASAPI等で曲の読み込みが終わらないのを修正
これ環境によってはかなり頻発していたようで申し訳ない
でも原因わからなかったので放置してたんだけどやーっと直せました
(実際に読み込みが終わってないわけではなくカウントをミスしていた悲しいお話)
同じ曲をキャッシュ再生すればするほど重くなるのを修正
これもry
曲読み込み画面で、キャッシュ再生に関わらず内部ミキサーチップの追加が行われているためどんどんチップ数が増えていってしまったみたい
キャッシュじゃない再生の時だけミキサーチップを追加するようにして修正
これだいぶ前からあったよねごめん
正直やっと最近仕様わかってきたんだ
BPMによってスクロール速度が変化するオプション
BMS的なスクロールになるオプション
宴会とかでどうぞ
オプション『FollowBPM』デフォルトオフ
検索機能 BPM関連を少し強化
BPM変更がある曲を検索できるようになった
/bpmchange /bpmc /bc からお好きなのをどうぞ
BPMの検索で、曲中のBPM(最大最小BPM)からも検索するようになった
ソートメニューに楽器指定を追加
オートプレイの時に楽器指定ソートができなかったので追加
あとクイックコンフィグから遷移した時に楽器指定を引き継ぐようにもした
緑数字(みたいなもの)を追加

演奏中にスクロール速度やシャッター、判定ラインをいじった時のUIを追加
この時表示される緑数字は、画面上でチップを視認できる時間(ミリ秒)
IIDXとかの緑数字の仕様とは多分違うと思う
汎用ムービー 1つ追加

時計の眩しいやつ
どうでもいいね
選曲画面背景ムービーをオンオフできるように
地味に(読み込む時が)重いし欲しい人も絶対いたよね今更だね
オプション『MovieAtSelectBG』

背景ムービーがたまに表示されない? たしかに(次のバージョンで直ってるらしい)
複ディスプレイ環境で画面移動できないのを修正
例えば選曲画面で画面1から画面2に持っていった時に固まってしまうことがあった
全ての画面で問題なくなったはず
追加情報を読み込み中に終了させるとスレッドが残ったままになるのを修正
すまん
BGAが表示されず、違う曲を読み込んでも表示されないままになることがあるのを修正
ごめん
起動後最初の画面キャプチャーが正しく出力されないことがあるのを非同期を諦めて修正
わり
検索機能 プレイ回数検索で楽器指定ができなかったのを修正
えへ
純正DTXManiaからの輸入
19.1.21までのコミットを反映済
その中でも特筆事項を記載しておきます

・FullAVI→ScaleMovie

動画再生を画面全体に行うオプションが、座標と大きさを指定できるものになりました
純正側とオプション名が違うけどやってることは一緒

・libbjxa.dllの導入

最近のDTXでは使用されていないxa形式の音声ファイルを読み込むライブラリの変更
演奏感に差が出るかもしれないので念の為記載
これによりDTXCの再生に使用されていたDTXV.exeが削除

・内部ライブラリSharpDXのアップグレード

配信ソフトのゲームキャプチャ(DirectXフック)が重い事があるっぽい
(直接的な原因じゃないかもしれない)
そんな時はウィンドウキャプチャでどうにかよろしく

・SoundDecoder廃止は要テストの為延期

DTXC修正
・DTXVを選べないようにした(詳細はすぐ上)
・OPENチップと他のチップを一緒に選択してる場合は、OPENチップは横移動できないようにした
OPENチップのみ選択すれば今まで通りの移動が可能

確認されている不具合:配信ソフトのゲームキャプチャが重い

直るまでウィンドウキャプチャで代用して下さい
現状原因不明

今後の予定

・次こそ???機能
GGP冬用で早めにリリースしたため先送りに 次回こそこれに着工します

19.1.31

v044 ダウンロード

044_190113_1 - 検索アップデート

リリースノート

曲の検索機能
曲リストの中からタイトルやアーティスト名等で検索できる機能
検索ボックスを表示した時のフォルダ以下から、その文字列がタイトルやアーティスト名に含まれる曲を探す
例えば:
昼の と打つとタイトルやアーティスト名に「昼の」が含まれている曲がヒットする
その他、条件を複数指定したりするややこしいことも可能
/pc >= 1 and dlv >= 80 とするとプレイ回数1回以上でドラムのレベルが80以上の曲がヒットする
検索構文や他の例文はこっち
検索ボックスはバックスペースキーで出せる(キーアサイン変更可)
チップエフェクト刷新

より派手に、より重く
実際見てみるとわかるけど結構うるさい(見た目が)
ボーナスエフェクトが来るともっとうるさい
選曲画面の背景を動画に
容量の無駄遣い そして読み込む時に重い
オフにする機能もない すごい
(現状だとコンフィグのAVIをオフにすれば表示されなくなります)
(もしくはALフォルダ\System\Default\Movieフォルダを消そう)
動画を同梱して配布するように
容量かなり重くなるけど折角の機能なので
簡単な汎用ムービーと選曲画面BGAを今回から同梱して配布
再生したいけど再生できない時はこっち
ギターの補正なしランダムを機能強化
オプション『RandomCorrection』にALを新しく追加
3レーンでも5レーンでも、とにかく5レーンの補正なしランダムになる
マニアからの要望
起動の高速化
システム情報ログの出力や、曲リストの読み込み(つまりsonglist.dbの読み込み)が遅く
起動に時間がかかっていたのを改善
システム情報ログはSystemLog.txtを出力するようにして、そのファイルが無い時のみ出力するように
曲リストの読み込みは単純にスピードアップ なお容量
作者は5秒以上短縮されて嬉しい
画像読み込みの高速化
内部的な話だけど効果あるって信じてる
画像の読み込みは早くなったけど(選曲画面の)動画の読み込みが追加されて
実質カロリーゼロ
汎用ムービー再生時はBGAを透過しないようにした
レイヤ的な使い方をしていた名残で透過されてたけど
汎用ムービーの時は透過しないようにした
え?FullAVIの時はそもそも透過しなくていいんじゃねって?そうだね
DMPのFanatics witch faithが再生できないのを修正
最大最小BPM機能の副作用
他にも再生できない曲があったと思います 申し訳ありませんでした
(DTX譜面側で、存在しないBPMEx指定がオブジェクトにある時に起きるバグ)

というかそもそもDMPにそんな曲あったの?あるの知ってるけど解禁できないっていう人向けにDMPToolHackとかいうツールがあるらしい
レーン数表示が空打ちチップの情報も参照してしまっていたのを修正
譜面は6レーンなのにフロアタムに空打ちがある、みたいな時に10レーン表示になっていたらしい
キャッシュ再生でF-InvとかHiddenの透明が戻らないのを修正
戻るようにしました
キャッシュ再生でIF ENDIF RANDOM文が固定されてしまうのを修正
その昔の話なので最近の人は気にしなくていいです 木だけに
言語が英語なのに選曲画面で曲がない時の文言が日本語になっているのを修正
日本人にはよくわからない修正
DTXCからのビューア起動バグ修正
・プラグインを読み込まないようにして高速化
・譜面は合ってるのに別の音源が再生されてしまうのを修正(SoundCacheが悪さしていたので無効にした)
・ギターのレーンフラッシュとチップファイアが正しく表示されないのを修正(途中から再生する時のチップ検索のバグ)
・ギターのリバースに対応(強制リバースオフになっていた)
・ギターにランダムがかかってしまうことがあるのを修正(本体起動の設定を参照していた)
・最初のワイリングが重い・もたつくのを修正(ワイリングに使う音を使うタイミングで読み込んでいたため)
・曲読み込み画面でESCを押すと選曲画面に遷移できてしまうのを修正
・DSound時に、最初のチップ再生時に重いのを修正(DSoundでの最初の再生だけ重いらしいので起動時に無音を鳴らすようにした)
・演奏画面でESCを押すと例外落ちダイアログが出るのを修正(終了方法が古いものだったので新しくした)
バグ多すぎ
DTXC細かい改善
・統計でOPENチップをRチップとして計上しているのを修正
・SEレーンのチップの番号はWAVリストの背景色を利用するように 灰色にしたら見えなくなるね
・MIDIインポートの小節変更が正しく効いてないのを修正
・選択モードでOPENチップを選択する時YPレーンでの反応がないのを修正
バグ多すぎ(暗黒微笑)

今後の予定

・???機能
細かい更新ばかりだったけど少し慣れてきたので次は大きい機能にチャレンジ
ちなみにその機能以外は未定
(追記)↑って書いてたけどGGP冬用にリリースするので先延ばしに

ところでDTXMania2なるものが公開されているのでWin10の人は要チェック

19.1.13

v037 ダウンロード

037_181212_1 - 細かい修正が多めアップデート

リリースノート

演奏時間や最大最小BPMを表示
途中でBPMが変わる譜面だとBPMを正しく取得できなかったけど改善
ついでに演奏時間も見せてくれる
この変更は本体起動時間と楽曲登録時間を伸ばすらしい
黄青プログレスバーを他の画面でも見れるように
演奏画面でしか見れなかった黄色と青色のあれを選曲画面やリザルト画面で見れるようになった
今までのプレイも、ゴーストデータが残っていれば表示してくれることも
この変更も本体起動時間と楽曲登録時間をとても伸ばす
選曲画面のコマンド変更
ギターでプレイする時に、コマンドが古いものを利用していたので新しいものに変更
RとGで選曲、B2回で難易度変更、Y2回でフリップ、P2回でクイックコンフィグ
ソートメニューはクイックコンフィグから出せるようにしたのでそちらから
ついでにソートメニューをShift+F3で出せるように
もし古いコマンドが良い!ってなったらオプション『CommandOld』をどうぞ
デフォルトはオフ(=新方式)
判定数の表示をちょっと改善
ちょっと
コンボ数表示のY座標も変更できるように
内部にはあるけどコンフィグに無いのを気づかなかったので改めて追加
座標を変更する時に参考の座標を表示
あくまで参考
しかもリバースとかは考慮されてない
プラグインリストの表示
こっそり
Fast Reload Songs
起動時の曲検索みたいな動作をするものを追加
1曲だけ追加したのにコンフィグからのReloadSongsは長い!!って人向け
オプション『Fast Reload Songs』
以前までの、新規で検索してくれるのは『Reload Full Songs』に改名
もしFastでうまくいかなかったらこちらで
フリップした時にランダムがおかしかったりDOS送信できなかったりしたのを修正
DOS対応したとか豪語してこれ
おまたせしました
GBOnlyなのにDrumの情報が表示されていたのを修正
オートじゃないプレイするであろう楽器を算出するのに、GBOnlyとかを考慮してなかった
つまりGBOnlyでギターとドラムがオートじゃない場合、
034ではマルチパート扱い
037からはギターを遊んだ扱い
スクロールがかなり遅い時に変なミスが出るのを修正
チップが流れてきて、消滅する部分のロジックがピクセル単位だったのでそれを時間単位にして修正 多分
プチノイズ少し修正
自分含め、一部環境でプチノイズがひどかったので多分修正
ogg等圧縮音源をデコードした後のWave生成の部分を改修したので、
今回のバージョンを上書きして かつ SoundCacheをオンにしてる人はSoundCacheフォルダを一旦全部削除するのをおすすめ

今後の予定

・各画面の背景に動画を流す(重そう)
・曲検索機能

18.12.15

v034 ダウンロード

034_181114_1 - 34とか書いてあるけど開発番号なので初版です

リリースノート(純正版との違いが主)

最初からDOS対応
公開する前からDTXMania Online Stats様への対応を無茶言ってやっていただきました
DOSはDTXManiaのオリジナル曲専用のインターネットランキング+データベースサイトです
オートプレイ専門の方はPluginsフォルダを抹消してください
LP/LBの追加
純正ではこっそり対応されていたLPをALでレーン対応
Ver.K本体からLBを採用
LBが存在しない譜面の時は、空打ち音をBDから取得
オプション『LPGroup』LPとLBを同じキーやパッドで押しても認識されるかの機能(デフォルトGroup)
BD振り分け機能
LPとLBが無い譜面に限り、BPM100の16分連打より早いBDを交互にLBに振り分ける機能
Ver.K本体より採用
オプション『BDSeparate』デフォルトオフ
ボーナスエフェクトの追加
ドカーンってする機能
(チャンネル:4F 同じ時間のドラムチップをLC→CY→他 の優先順でボーナスチップに変更する)
Ver.K本体より採用(仕様は違うかも)
オプション『Audience』をオフでオフ
Y/Pの追加
Ver.K本体のみの対応だった5レーンギター譜面に対応
Randomの3/5レーン対応
3レーン譜面では3レーン内でのランダム、
5レーン譜面では押しづらくなりすぎないよう補正つきランダムがかかるように
Randomの補正外し

補正を外してRandomをつけると、3レーン譜面が5レーンになったり5レーンの補正がなくなったりする
オプション『RandomCorrection』デフォルトオンで補正つき オフにすると補正を外す
空打ち音のピッチずらし有無を変更可能に
ギターで押し間違えピックをした時のピッチずらしのオンオフが可能に
オプション『ShiftPitchWhenBad』デフォルトオフ
空打ちBAD時間の短縮
ギターでピック時間近くにチップが無い時は、空打ちしてもBAD判定にならないように
FastSlow機能の変更
基準時間より早くヒットした場合は青文字Fast、遅い場合は赤文字Slowを表示するように
オプション『LagTypeOld』(デフォルトオフ)で従来(純正)の機能を使用可能
演奏画面や結果画面でFastSlow数の確認ができる
汎用ムービー
譜面に動画が設定されていなければ、スキンフォルダのMoviesからランダムで動画が選ばれて背景に全画面で再生される
ただしAL本体に汎用ムービーは同梱されていないので、とりあえず入れてみたい人はこっち
入れても動画が再生されない場合はこっち
そこそこ重い
オプション『AnySongsMovie』デフォルトオン
シャッター(いわゆるHid+Sud+)
演奏中に、[Shiftなら出現側 / Ctrlなら消滅側] を押しながら
NumPad4 7 でギターのシャッターを上下に
NumPad5 8 でドラムのシャッターを上下に
NumPad6 9 でベースのシャッターを上下に
もしくはオプション『ShutterCome/Going』(デフォルト0)で変更可能
トップの画像でギターの下部分を覆ってるのがそれ
Dangerを少しだけ見やすく
表示のオンオフ?知らない
演奏中の楽曲進捗バーを追加

現時点での曲全体からみた現在位置と、
現在位置周辺でコンボが切れていなければ黄色、切れたら青が点灯していくバー
選曲画面の情報増加

set.def全ての難易度、レーン数、達成率の表示
選択譜面のチップ数の表示
曲リストに曲毎のプレビュー画像の表示
クイックコンフィグちょっと改善
呼び出し時にプレイしようとしているパートで出てくるようになったりギターではランダムが選べるようになったり
Shift+F2で呼び出せるように
チップ数やレーン数等詳細情報を裏で取得
通常の曲情報取得の後に、追加情報を非同期で取得するように変更
これにより多少取得時間が伸びても曲リストへの反映は早めに終わるはず
ちなみに起動時のsongs.db読み込み時間は大幅に伸びてる
ランダムセレクトの改悪
A.選択されている難易度の譜面が存在する
B.プレイしようとしている楽器のチップ数が1以上
の条件を満たしたものからランダム選択されるように
重複なく選曲されるシステムは消滅しました
達成率の計算をDOSライクに
DOSと同じ計算式を用いるのでDOSと相違なくなるはず
(ただしALではオート使用時には半減したりする)
DTX読み込みキャッシュ
同じDTXを連続で選択した時に、リソースを使い回すことで読み込み時間を短縮するように
(使用メモリ量は選曲画面中では増えるけど演奏画面には影響ないはず)
圧縮音源デコードキャッシュ
サウンドデバイスがDSoundの時のみ、ogg等の圧縮音源は内部でデコード(wavに変換)してから再生される
そのデコード後のファイルをDTXMフォルダの「SoundCache」フォルダに保管しておく機能
20フォルダ(曲)を超えると古いものから削除される
オプション『SoundCache』デフォルトオフ
WAV読み込み非同期化
高速化したように見える
※DSoundは非対応
リロードソングの非同期化
オプションで曲再読み込みをした時も非同期で実行されるように
レーンの順番を入れ替えやすく

レーンオーダーをプリセットから選べるように
DrumsLookChip
ハイハット(とオープン)、シンバル(とライド)、LP(とLB)の見た目を同じにできるようなオプション
オプション『DrumsLookChip』等
デフォルトはそれぞれオン
キーアサインをプロファイル保存
レーン数によってキーアサインを変えてる人や、デフォルトに戻したい時に使えるらしい
DTXMフォルダの「KeyAssigns」フォルダに保存される
Config→System→Input Option→Save/LoadKeyAssigns
効果音が違う
すごい
ログ保管
OldLogフォルダにログを勝手に保管するように
起動しちゃって前のログ無くなっちゃった!もなくなる
DTXCにも追加レーンの対応、統計機能の追加

色々ごちゃごちゃして使いにくくなったDTXC
チップを選択した状態で右クリックすると『選択チップの偶数奇数絞り込み機能』や、
ギターチップを隣のレーンにコピーしてくれる機能とか
WAV毎レーン毎の配置チップ数とか
WAVリストをクリックしやすくなったりとか
ただし本体にも言えるけど色々非同期で動かしてるので不安定感あり

今後の予定

・画像やアニメーションの改善 - まだまだ間に合わせなので少しずつ
・選曲画面での操作方法を純正寄りとVer.K寄りから選べるようにする
・最大BPMや演奏時間を取得して選曲画面に表示 - なお本体起動速度
・進捗バーをリザルトや選曲画面にも表示

18.11.15

FAQ - 汎用ムービーとかその他動画の再生がされない・おかしい

(v044より前のAL本体に汎用ムービーは同梱されていないのでそれを踏まえた上で、)
基本的に原因は『PCにコーデック(DirectShowFilter)がインストールされていない
もしくは『インストールされているがWindowsがそれを使わせてくれない』の2つです

コーデックのインストール

1.『LAV Filters』の最新版をダウンロード (公開時の最新はLAVFilters-0.73.1-Installer.exe)
2.適当に全部 Next> を押して Install でインストール完了

Windowsにコーデックを使ってもらう

1.『Win7DSFilterTweaker』をダウンロード (ページ中央少し上あたりの青字でMirror 1ってところ)
2.起動して"Preferred decoders"を押す
3.左(32-bit decoders)の一覧から、H.264をLAV Videoにする
4.右下の"Apply & Close"を押す これで完了

上記手順について

・PCが32bitでも64bitでも、DTXMania側で32bitを選ぶので32bit側の修正だけで問題ありません
・おまけ汎用ムービーはH.264でエンコードされているため、今回はH.264を選びました
 他の形式の動画が正常に再生されない場合は、該当の動画のコーデックを調べてその項目をLAVにしてみてください
・上記手順を行った後にLAV Filtersを再インストールすると設定が戻ってしまい再生できなくなることがあるので、
 その場合は再度『Windowsにコーデックを使ってもらう』を実施してください

FAQ - タイミングよくキーを押しても判定がMISSになってしまう

Config→System→BufferedInputをオフにすると現象が発生しなくなることがあるようです
ただしFPS分しか判定時間の計算を行えなくなるため、判定が合わなくなる等の不具合をもたらす可能性があります
調査中

FAQ - スクロールのがたつきが気になる

動画の再生や内部描画・再生で負荷が大きくかかるとガタッとしてしまう

動画がループする瞬間や、曲の音声が多い等の場合に発生する可能性があります
基本的には使用者のスペック不足もしくはAL作者の開発力不足という扱いですが、
AL作者に技術がないため改善されません
動画機能系をオフにしたり、サウンドタイプをDSoundにするとほんの少し改善されるかも

スクロールが滑らかでない感じがする

サウンドタイプがDSound以外の時で感じる場合は、
Config→System→Sound Option→UseOSTimerをオンにすると改善される可能性があります
ただし再生中の一時停止やPC側の負荷次第では音ズレが訪れる場合があります
USBのサウンドデバイス使ってるとなりやすいかもしれない

FAQ - 6レーンとか12レーンって何

ドラム側のレーン数のこと ギター側は3レーンと5レーン
DTXManiaは元々ドラム10レーンの仕様であり、6レーンはゲーセンに置いてあったとあるゲームのレーン数の名残
12レーンは現在ゲーセンに置いてあるとあるゲームのレーン数(9)に、
DTXManiaオリジナルの仕様である裏チップ(3)を追加したもの
(AL初期設定では、裏チップを表に見せるオプションがオンなので9レーン分しか見えない)

つまりこう

6レーン : HH SD BD HT LT CY
10レーン : LC HH(HO) SD BD HT LT FT CY(RD)
12レーン : LC HH(HO) LP(LB) SD HT BD LT FT CY(RD)
3レーン : R G B
5レーン : R G B Y P


選曲画面の難易度一覧 - 左上から レーン数、レベル、達成率、ランク

検索機能について

長いから隠した
ALオリジナルの、曲リストの中からタイトルやアーティスト名で検索できる機能(v044~)
選曲画面で(初期設定では)バックスペースキーを押すと検索ボックスが表示されます
文字を入力してエンターで確定すると、その文字がタイトルやアーティスト名に含まれる曲を表示します
※以下ユーザビリティの無い機能の説明を延々と繰り返します

細かい条件を指定したい用途に向けてカスタムサーチ構文を実装しました
カスタムサーチ基本構文:/[コマンド] <パラメータ>
例:/lv <= 80
- レベルが80以下の曲を検索する

コマンド一覧(コマンド横の括弧は短縮コマンド)

title(t) xxx
- タイトルにxxxが含まれる曲
artist(a) xxx
- アーティスト名にxxxが含まれる曲
lane(l) xxx
- レーン数がxxxの曲 3/5/6/10/12のみ
hash(h) xxx
- ハッシュにxxxが含まれる曲
d
- ドラムにチップがある曲
g
- ギターにチップがある曲
b
- ベースにチップがある曲
lv [演算子] xxx
- レベルがxxx(以上、以下等)の曲
dlv [演算子] xxx
- ドラムのレベルがxxx(以上、以下等)の曲
glv [演算子] xxx
- ギターのレベルがxxx(以上、以下等)の曲
blv [演算子] xxx
- ベースのレベルがxxx(以上、以下等)の曲
bpm [演算子] xxx
- BPMがxxx(以上、以下等)の曲
bpmchange(bpmc bc)
- BPM変化がある曲(v052以降)
playcount(pc p) [演算子] xxx
- プレイ回数がxxx(以上、以下等)の曲
skill(s) [演算子] xxx
- スキル達成率がxxx(以上、以下等)の曲
chipcount(chip) [演算子] xxx
- チップ数がxxx(以上、以下等)の曲
chippersecond(cps) [演算子]; xxx
- CPS(1秒あたりのチップ数)がxxx(以上、以下等)の曲
all
- 全ての曲(選択中の曲があるフォルダ以下の全曲を見たい時に使用する)

例:/s >= 90
- スキル達成率が90%以上の曲を検索する

楽器を問うコマンドへの楽器指定

スキル達成率やチップ数の検索は楽器専用のコマンドが存在しないため、
パラメータに接頭辞(dかgかb)をつけることで楽器指定できる
(プレイ回数の接頭辞が有効化されていないバグはv052で修正済)

例:/s >= d90
- ドラムのスキル達成率が90%以上の曲を検索する

複数条件指定(条件結合)

条件を複数指定して検索できる
この時、スラッシュは文中のコマンドには不要(文頭にのみ必要という意味)

例:/s >= d90 and l 12
- ドラムのスキル達成率が90%以上かつレーン数が12レーンの曲を検索する

演算子の種類

レベル検索等に用いる演算子の種類
> >= <= < = == != <>

条件結合子の種類

複数条件指定に用いる結合子の種類
(括弧が実装されていないため、左から順に評価されます)
and & && or | ||


その他根本的なFAQ

DTXManiaって何

ゲーセンによくあるやつを家で遊べるようにした(わけではないらしい)ソフト
それを改造したのがDTXManiaAL
AL派生作者的にはオリジナル曲を譜面に起こして遊んでいただくのが色々とベスト

曲はどこにあるの

DTXMania Online Statsの『DTX パッケージ』からDLして
DTXManiaALのフォルダに入れるだけ
ただ最近はたくさんの曲がまとまったパッケージが無いから ここ(MDP公式)
『Monthly DTX Pack Full version』をDLしたら20曲くらいはあるかも

コントローラーとか無いけどどうやって遊ぶの

キーボード

雑記 - BufferedInputについての軽い検証メモ

こういう内部的な話が見たい人だけどうぞ

前提

・BufferedInputを使用する場合は、SharpDXのGetBufferedData()を使用
前回取得から取得時までのキーボード情報が返るので走査してタイムスタンプを得る
(SharpDXのGetBufferedData()はDirectInputの構造体を参照しているのみ つまりタイムスタンプはDI由来なはず)
・BufferedInputを使用しない場合は、SharpDXのGetCurrentState()を使用
FPSに応じて1フレーム毎(描画前)に入力の確認をし時刻を記録する
つまり時刻記録は1フレームあたりのミリ秒(1000/FPS)区切りになる

検証(適当なのであまり真に受けないこと)

・BufferedInputでキー押下時のタイムスタンプをログに出力すると16ms区切りになる(キーボード、ジョイスティックで確認)
→タイムスタンプは新しめの日本語MSDNドキュメントで1ms程度の誤差としているが、誤差とは?分解能は別なのでは??
(古いバージョン向けドキュメントなら英語版があって精度が1msみたいな表記がされているけど…精度=分解能なの?every 55って書いてあるのと精度はよく考えたら違うような?前の文章から繋げて考えると1ms毎ってことなの?なんなの??)
→音ゲーをやる上で、16ms分解能は人によっては判定に違和感が生じるはず
・Taskを利用した別スレッドでGetCurrentState()をSleep0ループさせた時の分解能は8ms(タイマはFDKのCTimer(timeGetTime由来))
→自分が使用しているUSBキーボードのポーリングレートが125hzなのでは(つまり8msより下にはできないだろう)
→同時に押しても8ms区切りになってしまい完全な同時押しは(自環境では)できない
(USBとかキーボとかHIDの仕組みはわからないけどポーリングレート単位なので何となく理解はできる)

まとめると

BufferedInputがオンだとキー入力が16ms単位になる(環境によるかもしれないけど)
BufferedInputがオフでVSyncWaitがオンだとキー入力が(1000/FPS)ms単位になる(FPS60なら16ms)
BufferedInputがオフでVSyncWaitがオフでSleepTimePerFrameが1なら最大FPSが1000になり、キー入力が最小1ms単位になる
(そのままだとGPU(とCPUも)負荷がやばくなるのでSleepTimePerFrame(1フレームあたりの待機時間)を必ず1~2に設定すること)
※BufferedInputがオンだとAL本体がガタついた時の入力保障がある(大事)
※VSyncWaitがオフだとFPSが1000合ってもスクロールが滑らかに見えない(人による)
※USBキーボードは仕様上、入力が8ms単位になることが多い

作者は144HzモニタなのでBIオフ VSyncオンにしてます

読んでないけどつまりどういうことや

FPS60モニタならBufferedInput使えば良いと思うよ

19.2.3

確認されているその他の不具合

配信ソフトのゲームキャプチャが重い

直るまでウィンドウキャプチャで代用して下さい
現状原因不明

要望とかバグとかの報告

AL作者(せな)にDMを送って下さい
ただしプログラムをいじれるというだけで技術者ではないので難しいことは何もできないしわからない
あとバグ報告を頂ける時はログをください

リンク

DTXMania - OSDN - 公式
DTXManiaXG verK - OSDN - 公式
DTXMania Online Stats - DTXのIR担当
Monthly DTX Pack - 毎月DTXが公開されるすごいところ
SHAOPPP.COM - テストとか他色々お世話になってる少女''さんのサイト
DTXMania2 - 新本体
せな作成DTX関連ページ - じぶんの